Calender

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

Archives

Recent Entries

Recent Comment

-

検査で新しい病院へ

写真(期待しないでね)、いいのが撮れるまでちょっと待っててね。

 

春なので、そろそろノミ・ダニのお薬とフィラリア検査に行かなきゃと思い(いえ、予定をして)、病院に行って来ました。

 

いろいろ考えて・・調べて・・結局おアサ様が手術した病院へ。

勿論、病院を変えることも念頭に入れて。。

 

『マンパワー』って言うのですか?

院長以外は、女医さんが4人いる病院。

休みがなく、万が一の手術の時も担当の先生(アサと一緒の先生)も麻酔の専門の先生だし、うさぎの避妊手術も出来ちゃう先生だから安心。

以前行った時もチワワがわらわらと賑やかでしたが、今日もチワワにポメ・・なんとはるちゃんの倍以上の体重のチワワ君も。

年齢も聞いた2匹ははるちゃんと同世代。

そりゃそうだよね、人間と同じで高齢者が集まるのが病院だから。

 

病院を変えたいなって一番思ったのは医療費だったんだけど、今日は特にその恩恵は受けられなかった。

患蓄さんがいっぱいいるというのは安心なんだけど、やはり遠い。

今日は電車とバスを乗り継いで行ったけど、おっさんに頭を下げて車で行った方がいいな。

 

さて、検査結果。

一般の血液検査は検査機関に出すので、後日連絡をくれるとのこと。

白血球・リンパ球数は12月の検査時と同じくらい。

ここの先生もこれが気になると。

この結果から、慢性のリンパ球性白血病の可能性があるけど、これを確定するには骨髄検査をしなくていけないけどそれをするにはリスクが高すぎるので様子を見た方がいいとのこと。

ただ、この慢性のリンパ球性白血病よりもリンパ球増加症の可能性が高いのではと言う話も。

なかなか確定するのは難しいけど、今日の採血からもう一つの(ここまでは先生が書いてくれていたのでわかっているんだけど、この『もう一つ』って言うのは私の頭で覚えていたからすでに忘れている)検査に出す事になった。

そして今日、先生の考えでCRPも調べてくださった。

CRP値の結果によっては、急性炎症蛋白が疑われるけど、問題なかった。

この値って、もしかしたら10数年前に母が倒れた時問題があった数値じゃないかな〜。

 

レントゲンとエコーも診て貰った。

今までの先生と診たてはほぼ一緒。

ただ、宿便(便秘?)に関しては、背骨の椎間板の間が狭くなっているので、もしかしたらいきむ時痛みが出るのかもと。

それと、胆嚢の壁に石のような物があるのが気になると。

エコーは、胆嚢以外に腎臓と脾臓と肝臓と膀胱も撮ってくれたが、問題なし。

眼圧は右目は17だったけど、左目はなんと31!

ただ、眼圧は血圧と一緒でストレスですぐ上っちゃうから、嫌がっていたはるちゃん、本当の数字は分かりません。

緑内障になった場合、痛みが辛いのでそれを良く見てくださいと言われた。

注射で痛みを押さえることも出来るとのこと。

目が片目だけ小さくなる場合があるとのこと。

う〜〜ん、こんなところだったかな。

 

獣医さんから聞いたことを全部覚えるのは無理だから、携帯の録音機を買おうかな。

でも黙って、先生の話を録音しちゃっていいのかな〜。

 

  • 2017.04.05 Wednesday
  • 20:38

-

スポンサーサイト

  • 2017.06.23 Friday
  • 20:38
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment
Send Comment