Calender

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

Archives

Recent Entries

Recent Comment

-

BELIEVE

BELIEVEって言う曲、知っていますか?

 

小中学校の合唱曲だと言う事ですが、これから世界に羽ばたこうとしている少年少女の仲間をいたわる優しさが感じられる素敵な曲です。

若者特有の『未来』『希望』、そんな言葉が出てきますが、素晴らしい曲とともにその素晴らしい歌詞もじっくり聴いてください。

 

 

たとえばきみが きずついて

くじけそうに なったときは

かならずぼくが そばにいて

ささえてあげるよ そのかたを

 

ね、素敵な歌詞でしょ?

 

調べてみると、V6が出ていた『学校に行こう』の番組の中で歌われていたという事です。

CDにもなっているとのことで、大勢の人が知っているのでしょうね。

 

実は今日、オカリナの発表会でした。

今年は一人で吹くことはなく、仲間と『見上げてごらん夜の星を』と『夜明けの歌』と『遠くへ行きたい』と『上を向いて歩こう』と『BELIEVE』を吹きました。

といっても、ばっぱは『遠くへ行きたい』は吹かなかったので4曲です。(ちなみに全員4曲です)

 

『BELIEVE』と『夜明けの歌』以外は今年亡くなった永六輔さん作詞の歌。

『夜明けの歌』は岩谷時子さん作詞ですが、時代は一緒。

今夜のミュージックフェアでも3曲とも紹介されていましたね。

先生の好みなのでしょうね。

 

 

  • 2016.11.19 Saturday
  • 22:48

-

チワワの適温

 

今日はまるで真冬のような寒さでした。

 

暖房はちゃんとしていると思っていたのですが・・・

先日、はるちゃん夜中に何度もばっぱの(?)布団に入るんです。

出たり入ったり・・

実はその日も寒かったのです。

気にしていたら、その日の夕方ものすごく震えて。。

 

気になって、『チワワ 適温』で調べてみると

なんと『25度』と。

25度なんて真夏の適温でしょ?

25度じゃ、モルモットよりもうさぎよりも高いよ。

 

だから、みんな洋服を家の中でもきちんと着せているんだね。

室温22〜23度で洋服着れば25度。

正直、去年の末(今年の始め?)皮膚病をさせちゃったから、洋服を着せるのが怖いんだけど、最近はちゃんと着せています。

風邪をひかせちゃいけないもんね。

 

はるちゃん、どうにか体重安定して来ました。

この冬も元気で頑張ろうね♪

 

トランプさんが、アメリカ大統領に決まっちゃいましたね。

日本、どうなっちゃうんだろう。

ものすごく心配。。
 

  • 2016.11.09 Wednesday
  • 19:38

-

ジブリの森

 

ハツちゃん、こうやってすのこでケージの周りを囲むと、カジカジしなくなりました。

でも、部屋んぽをさせるとなんと畳を齧るわ齧るわ。。。。。

最終的にはものすごく深く齧っちゃって。。  下手すると1階まで行きそう。。

おまけにおしっ子の色も物凄く濃くなっちゃって。。

って、すごくストレスが強いってことでしょうね。
 

正直、お手上げ!

 

なので、再び以前のケージに変えました。

でも、ばっぱがそばにいると、再びカジカジ

いなければ、いい子にしているから、ばっぱを甘く見ているって事ね。

 

近いうちに、お願いしようと思っているペットホテル(病院ね)に、120センチのケージでもいいかどうか聞いてみようっと。

 

 

今日、従姉妹とジブリの森に行って来ました。

以前から行ってみたいと思っていた『ジブリの森』

特にトトロが好きなんですよね〜。

やっと願いが叶いました。

 

ジブリのチケットは早くに買わないといけないそうです。

土日はいつも満杯で、平日の今日も普通に買ったらもう無理で、従姉妹が三鷹に住んでいるので『三鷹枠』で買ってくれました。

三鷹から乗ったバスは空いていたのですが、ジブリの森は小さい子から外国人まで、物凄く混んでいました。

 

アニメーションの変遷が物凄く詳しく見ることが出来、食い入るように見てしまいました。

おっさんの友達のお父さんがそれなりに有名な漫画家で、アニメーションは作っていないのですが、アシスタントの人がたくさんいました。

一つの漫画・アニメーションを作るのに、多くの人がかかわっています。

細かい作業も多くあり、細かい作業が得意で器用な人じゃないと出来ませんね。

 

『みずぐも何たら』と言う短編アニメを見ました。

宮崎はやおの世界らしく心温まるものでした。

 

トトロのポストカードを自分のお土産に買って帰ってきました。

 

三鷹というか、吉祥寺、ジブリの森にモルモットの聖地『井の頭公園』

こんなところに住めたら、天国だわ!

 

 

 

 

 

  • 2016.10.26 Wednesday
  • 20:06

-

引越し、失敗

 

一昨日、ハツちゃんのいる部屋を大掃除しました。

 

そして昨日、アサちゃんと同じケージを大掃除した部屋に設営しました。
 

と、そこまでは計画通りだったのですが・・・

 

そのケージに牧草・ペレット・水を用意して、ハツを入れたんです。

当人、何が起きたかわからないご様子。

しばらくすると、『ガシガシ、ガシガシ、ガシガシ・・・・・・・・』

永遠に続きそうな『ガシガシ』

やばい!不正咬合になる!

不正咬合にだけはしたくない。

その思いから思わず扉を開けるばっぱ。

ケージの外に飛び出すハツ。

いいのか?これで?

 

アサはうちに来た時、モルモットが使っていた小さなうさぎケージに入れて、問題なかったんですよね。

ん?もしかしたらハツほどじゃないけど、『ガシガシ』していたかも。

でも、アサは小さなケージからこのケージにしたので、その時は問題なくすんなり引越しできたんだけど。

ハツの場合は今までのケージ(元親さんが使っていたのはワンコのケージだったので、それと比較しても新しいものは小さい)より、小さいからものすごく狭く感じるんでしょうね。

大丈夫だろうか、新しいケージに慣れてくれるだろうか?

不安になるばっぱ。

 

このケージに慣れてくれれば、ハツもペットホテルに預ける事ができる。

そうすれば、はるちゃんとの旅行も無事行ける。

病院のホテルって多分1m四方だと思うんですよね。

今までのケージは1m20cmあったと思う。。

ショップのホテルは今営業停止状態の上、ケージ持ち込み禁止だからやはり新しいケージに慣れて欲しい。

今の状態だとかなり厳しい状態だと思う。

ハツ姫様、何とか新しいケージに慣れてください。

ばっぱとはる姉ちゃんのために。

ってことで、アサのお二階への引越しも延期(中止にならないことを祈る)になりました。

 

夕方ショップに牧草やペレットを買いに行き、その事を話すと

『時間をかけて慣らしていくしかないですね』って。

なんか、言葉尻が無理っぽい印象を受けました。

年内いっぱい頑張って、それでダメなら諦めるしかないか。。

でもそうすると、二度と旅行に行けなくなる(悲)

 

ペットショップに行ったら、幼稚園か保育園の先生が5〜6人いました。

聞いてみると、子供達の情操教育のためにモルモットを買いに来たんですって。

思わず、『室内で飼うんでしょ?』って聞いたばっぱ。(店長にですよ)

外で飼ったら、即死んじゃうよ!

大きなうさぎだと子供達が怖がるからモルモットなんですって。

まあ、その選択はあたってると思うけど、子供達よりもモルモットやうさぎ達の方が怖がると思うんだけど。

わかって欲しい、繊細なんだよね。

 

幼稚園・保育園・小学校・中学校、担任の先生しだいのようだけど、結構モルモットを買いにくるらしい。

公立は役所の方の考えもあるから、来るのは私立の学校ですって。

ショップの方では、里親募集をしている子を勧めるようだけど、学校側は年齢のはっきりしている子(確実に若い子)を希望するようだとのこと。

どっちがいいのか分からないけど、『みんな幸せにしておくれ』と願うしかない。

 

  • 2016.10.22 Saturday
  • 19:58

-

なんだかな〜。

↑本日、家シャン後のはるちゃんです。

なんか太って見える?

 

最近、うんちが良く出ているんです。

1日3回する時もあって・・・しかも柔らかいし〜。
 

なので、今日のレントゲンで宿便が減っているのでは、と楽しみで。。

なのに、減っているどころか胆泥共々2ヶ月前より増えている。

もっとも、前回がその前よりも減っていたのが不思議なのかもしれないけど。

 

人間も3〜5kgは、宿便があると言う。

ばっぱなんかきっと10kg位あるんじゃないかと思う。

ある程度の年齢なんだから、毎日出すものを出していればそんなに気にすることはないんじゃないのかな?

って、勝手に思っちゃうけどどうなんでしょうね。

 

それと胆泥。

増えていたから、またEPLカプセルを再開しましょうと。

今日はそのままだったけど、次回良くなっていなかったら、またEPLカプセルを再開しましょうと言われるんじゃないかな。

11月末から6月末までの7ヶ月続けて効果がなかったから、再開したくない。

まあ、そう言って断ろうと思っているけど。

無駄な薬を飲ませたくないし、先立つものもないし。。

胆泥症、手術ではなく薬などの内科の処方で治していく(付き合っていく)のが最近の主流だそうです。

で、今マジ考えているんです。

病院を変える事を。

そうそう、ミドリさんのBlogに出ていたあの本、即注文しました。

でも『出来たら』(?)連絡くれるとか。

早く読んでみたいな!

それと、問題なのが変える病院がないこと。

この近所、ないんですよね、いい病院が。

ただし、今ひとつ気になっている病院が。

市内の映画館がある駅のすぐそばに今年の2月に出来た病院。

良さそうだけど、血液検査を聞いたら、今行っている病院同様高かった。

正直言って評判聞いてから、変えるかどうか決めたいんだけど。

ばっぱは一番近い病院に行っているのに、動物の病院となると選ぶに選ぶばっぱ。

笑っちゃうね。

 

眼科の方は、目薬の事を聞いてみたら、やはり白内障の進行を泊める薬ではなく、消炎剤だと言われた。

はるちゃんクラスの白内障になると、進行止めの薬は効かないとのこと。

いやいや、ばっぱなんか進行止めの薬を10年以上さして、結局5年前に白内障の手術終わっています。

人間だって、効きません。

人間の(ばっぱの)目が真っ赤になるときのようにはるちゃんの眼が真っ赤になったら来ればいいのか聞いてみたら、犬の場合はそれじゃ遅い可能性があると。

白内障(緑内障)の場合は目が赤くなったら、胆泥症の場合は目が黄色くなってお腹を痛がったり吐いたりしたら、病院に行けばいいのね。

頭に叩き込めないから書いておかないと。

眼科の方は、『半年に1回』診て貰うだけでもいいか聞いてみたら、OKでした。

 

昨日の『野うさぎ』の事、ネットで調べたら生まれたばかりの野うさぎを拾って独り立ちする2ヶ月ほどミルクから離乳食、普通食まであげて育て、野に放した人のBlogを読みました。

野うさぎって、野鳥と同じ感覚なんですね。

だから、人間が飼っちゃいけない。自然の中で生活させないといけないんですね。

でも、森や山の自然界を追われた野うさぎって、人間社会の隅っこで生活できるのでしょうか?

人間が山を削り、山までも住宅地にしたから、野うさぎの住む所がなくなったというのに。

黙って見ているしか出来ないのでしょうか。

  • 2016.10.16 Sunday
  • 20:16

-

野うさぎと穴うさぎ

広島、勝ちましたね〜。

勢いはあっても、CSでどうなるか、心配していました。

でもなぜ、広島vs横浜の試合、地上波でもBSでもやってくれないのでしょう?

パリーグの方が魅力があるからという意見もありますが、チームとしての魅力は日ハムやSBより広島の方があると思うのですが。。

 

ハツちゃん、茹でたサツマイモ見向きもしません。

丸めて置いておいてもだめ。。

なので、バナナにしてみました。

バナナをつぶして粉薬を乗せて丸めて・・・

手の平に乗せて見せると、即食べだして最後きれいに舐めました。

サツマイモは嫌いでもバナナは好きなんだね。

 

飲ませても最初は全然変わらず、『手術かな・・』って落ち込むばっぱ。

だけどそのうち、なぜか小さくなっているような。。。

うまくいったかな?

 

今日病院に行くと、『良くなっていますね。前回と同じだけお薬を出すので、それを飲みきってください。』

その後は完全に治りきらなくても、それでも大丈夫とのこと。

良かった!

 

で、本当は聞きたい事があったのに、その事をすっかり忘れて野生のウサギの事を聞きました。

モカさんから市内でウサギが増えてると言う話を聞いていたんです。

野生のうさぎっていう話を聞いたので、『野生ってことはないのでは?』と言っていたばっぱ。

野生のモルモットは今現在『いない』って聞いていたので、うさぎも山や森ならともかく住宅街には野生はいないのでは?と思っていました。

モカさん、間違ったことを言ってごめんなさい。

 

先生に聞くと

『野生いますよ、この近所にも』って。

『エ〜〜ッ』ってびっくりしていると

『うさぎには野生の野原を駆け回る野うさぎと、この子のような穴を掘る穴ウサギの2種類がいます』と。

野生の子はつかまらないし(だったかな)、TNR&里親募集をしても里親になる人はいないだろうとのこと。

問題は穴うさぎのほうで、同じ場所に捨てられると繁殖して増えてしまう。

そして、河川敷などで穴を掘ると大変な事に。。山や森でも同じこと。(って、何が大変だか忘れた!)

いったい何を聞いてきているんだろうね。

猫や狸(?)や交通事故という命を落とすこともあります。

 

それで先生から言われた事は

『野うさぎがいるのか、穴うさぎがいるのか、どのくらいいるのか、現在の状態を把握する事が必要』と。

そうしたら相談に乗ってくれるとは言わなかったけど、相談に乗ってくれると思いますよ。

でも、その前に市内の獣医さんに相談した方がいいと思う。

市内のことなんだから。

 

右の耳から入って即左の耳から出て行くばっぱ。

きちんと聞いていたつもりなんだけどね。

 

不幸な動物が減りますように。

 

ところで、どっちがアサでどっちがハツか分かりますか?

 

そういえば、ハツの手術前のことだったので、だいぶ時間が経ってしまいましたが、なんとあのおっさんがアサのことを抱っこしていたんです。

ハツの事も抱っこしようとしたけど、逃げられちゃったって。そりゃそうだよね、ばっぱが何度も練習して嫌がられているんだから。

アサはきっと油断をしたんでしょう、あの時1回限りだから。

 

明日は、はるちゃんの通院日。

最近、体重が増えないのでフードが多くなっているはるちゃん。

フードをたくさんあげられるのはいいんだけど、カロリーが吸収されていないって事は、もしかしたら栄養も!?

明日、先生に聞いてみようっと。

  • 2016.10.15 Saturday
  • 19:48

-

抜糸・・・せず?

161004_1135~010001.jpg
暑かった10月4日、千葉市若葉区の富田農政センターという知る人ぞ知るマイナーな場所に行って来ました。
コスモス、まだちょっと早かったのかな〜。

 

今日、ハツちゃんの抜糸の予定でした。

 

3日の月曜の昼、結構出血していました。

気になったけど、その後出血しなかったのでそのままにしていました。

元気だし、良く食べるし、大きい物をぷりぷりしていたし。。

 

でも、水曜日にふと見るとお腹が膨らんでいる。。

とても気になったけど、忙しかったのと今日診察の予約をしていたので、結局そのままに。

 

で、今日。

 

上記の事を先生に話をして、ハツを渡すと。

『もう、全部糸は切れている』と。

抜糸の必要はなし。

 

先生曰く、皮膚と筋肉の間が膨らんでいるはず、もしそうなら消炎剤と抗生剤で治るはず。

もし治らなかったら、筋肉のところ(だったかな?)が膨らんでいる事になるから、外科手術をしないと治らないとのこと。

 

フンフンフン・・って聞いていたけど、要するに抗生剤を飲ませていたら、こんな事にならなかったのでは?

炎症を起こしちゃったってことだよね。

信じきっていた先生だっただけに、正直がっかり。

アサは、無理やり飲ませて嫌われる羽目になったけど、こんな事にならなかったよな・・

 

粉薬どうやって飲ませよう。

はるちゃんにウルソを飲ませる時、サツマイモをつぶした物に包んで飲ませているから、粉でも同じようにしてみようか、まずは。

それでダメなら、普通に水に溶いてシリンジで飲ませるか。

飲んでくれるといいんだけど。

 

でも、飲んでも治らなかったら?

術後2週間経ってから飲ませて治る保証ってあるのだろうか?

 

人間でもうさぎでも手術って難しい。

今はまだ後悔はしていないけど。

 

そんなこんなで、先生に野良ウサギが多いって話、聞くの忘れた!

 

  • 2016.10.08 Saturday
  • 18:48

-

うさぎの避妊手術の勧め

(これは、ハツです。)

 

雨上がりの昨日の朝、久しぶりの好天で2階のベランダに洗濯物を干そうとしたら・・・


な・なんと ベランダにかえるがいたんです。


なぜにかえるが?
風で飛んできたの?
なぜか分かりませんが、なぜか2階にかえるがいたのです。
凄いですよね。


土曜日、10時にうちを出てハツを連れて病院に行きました。
ハツちゃん、具合が悪いの?
と思うでしょ?
違うんです。
うちの子になってすぐ、避妊手術の申し込みをしたんです。


診察室に入りました。
絵を描いて、子宮と卵巣を取る説明を受けました。
麻酔は、まず注射して、そのあとチューブを使ってのガス麻酔です。
チューブを使うって、安全な反面食欲が戻らないと言うリスクがあるとある動物病院の説明文に書かれていたので、ちょっと心配。
そのあと、麻酔の危険性を説明され書類にサイン。
まるで人間の手術みたい!


病院で待っている間、とても素敵な3人の親子に会いました。
お子ちゃまは3歳くらい?の男の子。
手には、ケージを小さくしたような素敵なキャリーを持って。
2匹のうさぎに一つずつのキャリー。
我が家は昔から使っているキャリーが一つ。
アサとハツで使うので、一緒のお出かけは出来ません。
その男の子が一つのキャリーを一生懸命持っていました。
3歳じゃないよね、5歳くらいかな?
こんな素敵な家族の一員のウサギさんたち、幸せだよね。
ふと考えてしまいました。
ハツがもしこの家族に貰われていたら。。
ばっぱの元にいるより、幸せだったかも。。


もう一人、ばっぱに声をかけてくださった方がいました。
『食べないから来てみたら、奥歯が伸びてるって言われて、その場で切って貰ったんです』って。
『麻酔をかけて?』って聞いたら、かけていないんです。
確かに、病院のサイトにも無麻酔で切ると書かれていたけど。。
『大人しい子?』っ聞くと、『家では抱っこできないくらい大変な子なんです、でも先生にかかるとおとなしくなっちゃって』って、アサ&ハツと一緒だね。


さあ、しばしの別れ、ハツ頑張るんだよ。


と言っても、翌日曜病院休みのため退院は月曜日になるので、麻酔が切れた頃会いに来ようと思い、聞いてみたら。。
6時7時頃にならないと目が覚めないと思うとの事。
って事で、一度帰って夕方電車で会いに来る事に。
先生『その脇を通ってまっすぐ行くとトウズ(スーパー)があるから駅はそのそば。5〜6分で着いちゃうよ』
駅からタクシーでって思っていたけど、歩くか!


パソコンで調べるとトウズの先、ちょっと角々があったので、地図を印刷して出かけました。
駅に着くともうかなり暗い。
明かりの下で地図を見て、住宅街を歩いていくと確かに近かった!


かなり待って出てきたハツは、タオルに包まれていました。
タオルをどかすとまだ千鳥足。。
先生から血液検査の結果とレントゲンの結果、『問題なし』との事。
避妊手術の中に血液検査は含まれていないので、血液検査をお願いしたら『レントゲンはしますか?』と聞かれたので『お願いします』と。
でも、血液検査とレントゲンで15000円するので、『うさドッグ』にしてもらっていたのです。
ばっぱなんか、この年で人間ドッグ利用した事ないのにね。
いろいろ検査してもらってどこも問題ないって事は、ハツちゃんやっぱり若いんだね。


そして、今日。
迎えに行って、さっき帰ってきました。
受付で『食べていますか?食べていなかったら、プリンペランの注射をしていただきたいのですが』と言ったら、看護師さん、院長に話をされて
院長『牧草でも何でも良く食べてぷりぷり出していますよ』と。
『もしこの先明後日になった時、食べなかったりうんちが小さかったりしたら、その時来て下さい』って。
注射どころかお薬も出ませんでした。


車の中のハツちゃん、いつも通り暴れていました。
久しぶりの我が家。。
気持ちいいのかな、いつものようにおしっこを外し、のびのびしていました。
院長からは1番刈りにするよう言われたけど、残っている2番刈りを全部食べたら変えてあげるね。
牧草を上品に食べているところを見ると、まだまだいつも通りではないと思います。
ウンチはまだ小さいけど、牧草だけではなく、梨もペレットも食べています。
術後2日でこれなら上々!


無事手術が終わってホッとしました。
うさぎの避妊手術は、子宮系の病気になる可能性が高いうさぎにとっては、して欲しい手術です。
うさぎの避妊手術及び他の手術を多くしている獣医さんの元でなら、大丈夫ですよ。
うさぎの保険が少ない今、もし子宮系の病気になったら、かなりの出費になります。
よく考えてくださいね。

  • 2016.09.26 Monday
  • 21:27

-

動物を飼わないで

一生一緒にいられないのなら

 

動物を飼わないで

 

美味しいご飯と雨風、そして暑さ寒さを凌ぐおうちで

 

一生一緒にいてくれるだけでいい

 

ただそれだけ

 

 

 

タイトル変えました。

だって、「はるちゃん、にこちゃん、そしてアサちゃん、ハツちゃん」

じゃ、長すぎるしね。

 

そう、我が家にハツちゃんが加わりました。

3匹なんて、世話できるの?

何度も自問自答して・・・

でも、可愛くなっちゃって、手放せなくなっちゃって・・・

でも、私のキャバは2匹までと決めていました。

 

だから、悩みました。

お金はどうするの?

もしもの時はどうするの?

おっさんに3匹なんて世話できないよ。。

いや、1匹すら無理。

 

働こう!

もしもの時だなんて、ばっぱ、まだ若いんだよ!

ストレスなくして、健康に気をつければ、3匹の世話なんてへっちゃら!

 

はるとアサとハツを大事にします。

一緒に幸せになろうね♪

 

犬猫もそうだけど、もう2度とうさぎを捨てないで。

勿論、モルモットも。

 

一日も早く法整備をして、ショップでの生体販売や子犬のオークションをなくしてください。

預かり失格の私でもこのくらいの事は、言わせてくださいね。

  • 2016.09.19 Monday
  • 22:51

-

抱っこに挑戦

地震がありましたね〜。

思わず、寝ているはるちゃんのそばに行ったら、起きちゃった!

『なんなの〜、折角寝ているのに・・。グゥー』byはる

 

その地震より少し前に、記事を書いて投稿したんです。

「記事を投稿する」ボタンを押して待っていたら、消えちゃった!

全部、消えちゃった!

コピーをしておかなかった事を後悔。

 

さっきよりずっと短くなっちゃうと思うけど、書いておかないとね。

昨日、牧草やペレットを購入しているエキゾチック専門のショップで、抱っこの仕方を教わりました。

 

前から身体をはさんで、右手で上半身を支え、左手で腰と言うか足元を抱きかかえます。

右手はそっと支える程度でよく、左手で足をしっかり押さえれば動きませんでした。
身体をはさむのは後からではなく、前からすることが大事です。
ハツは、人懐っこい子で人に寄って来るので、前からはさむのはとても簡単です。
場数を踏めば、きっと上手になると思います。
といっても、ショップでは簡単に出来ていたのに、帰って来てからも何度かしたのですが、やはり嫌がります。
アサにもやってみましたが、アサはハツよりすごく嫌がり、隠れて出て来なくなりました。
アサはかなり厳しいでしょうね。
お薬を飲ませたり、強制給餌をするときのために、抱っこが出来た方がいいですよね。
だから、しつこくない程度に練習します。
骨折させないよう、気をつけて。
  • 2016.09.07 Wednesday
  • 14:09